うひょーくんのブロマガ

つまりそういうこと

手帳

お題「手帳」 私の手帳にはいろんなことが書いてあるの。予定はあまり書いてないんだ。じゃあ、何が書いてあるかって?今日あったことを書いているの。日記でいいと思うじゃない?でも、日記じゃダメ。日記にすると全部思ったことも書くじゃない?でも無理な…

久しぶりのブログ

どうも僕です。 今、僕は一生懸命働いています。何故こんなに働いているのかというと、お姉さんに愛されたい、それだけです。働きぶりがバレていて、仕事にやる気がないようでは振り向くことはないわけで、一生懸命やることで愛されたいのです。 昔バイトの…

ストレイシープ

朝、職場でダラダラ新聞を読んでいた時のことである。 「うひょーさん、印鑑のインクって朱と赤どっちですか?」 と後輩から尋ねられたのだが、全く僕は理解できず「シュと赤?」と聞き返したきり、口ごもってしまった。もう一度きき返そうか迷っていると、 …

読書感想文 岡本太郎「今日の芸術」

どうもこんばんは、僕です。 僕も芸術を知りたくなったのでこの本を読みました^^ 岡本太郎と言えば、「芸術は爆発だ!」「何だコレは!?!?」などといったキチガイ名言が有名な男です。そんな奴の書いた評論なんてあてになるのか?と思いつつ読み始めま…

日本では出る杭は打たれるとかいう風潮

どうも僕です。最近ブログ大好きです。 さて最近ツイッターでよく見る言葉があります。 日本では出る杭は打たれるという話です。人と違うことを言うと徹底的に潰されるとかいう話。 しかし、私はその発想自体がルサンチマンに溢れていると思う。偉そうに文句…

歓送迎会=縄文土器論

皆さんは縄文土器をご存知だろうか? まぁそりゃ知ってると思う。以上の通りだ。 土器とは何か?食べ物を焼いたり煮たりして食べるための、謂わば鍋である。 縄文時代の我々の祖先は、狩猟生活を営み、獲った獲物を調理した。それまでは焼くことしか出来なか…

小説紹介 フランツ・カフカ「変身」~あなたは自分を追い詰めていませんか?~

どうもこんばんは僕です。 昨日僕は初めて友人に本の解説をしました。漫画で読むシリーズがあって、それでちょっと気になったらしく、質問されたわけです。 そこで出てきたのはこのカフカの「変身」 主人公が、突然化け物に変身して、一家の腫れ物になり、最…

「岐阜で熱中症患者5人死亡」の現実を県民の僕が語る

どうも、僕です。今回は岐阜で熱中症患者が5人死んだ話について語ります。どんなニュースか知らない皆さんのために、ネットの産経ニュースから転載しますとですね 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」でエアコンが故障した部屋に入院していた80代の患者5人…

【悲報】さくらももこ死去

どうも、ぼくです。こんな朝早くに通勤時間に書いてます。 普段通りの仕事辛さにボーッとする日々、朝起きてリビングに移動すると、突然さくらももこ死去というニュースが目に入った。 最近はよく知っている人が死ぬ。秀樹や、歌丸や、桜塚やっくんやら…。と…

結局何一つ楽しいことがなかった平成の夏

今週のお題「#平成最後の夏」平成最後の夏がやってきた。僕は平成生まれ平成育ちだ。 小学生の時の夏と言えば、ひたすらゲームをやっていた。朝9時から15時までしかゲームをやっていけないという家庭内ルールがあったのを覚えている。ゲームはリビングにしか…

読書感想文 ミシェル・フーコー「言葉と物」

どうも、僕です。 今回はミシェル・フーコーの「言葉と物」について語ります。 くそ難しい本です。あらゆる学説を一気にまとめるという荒業を為したのがこの本。「知」がどのような構造をもって変化してきたか、ということについて述べているのがこの本です…

新橋の名店、末げんに行ってきたぞ!!!!

仕事終わりのスーツを着たサラリーマンが増えつつある新橋駅の線路の下、居酒屋が立ち並ぶ一角に自販機が並ぶ場所に二人のキモヲタが立ち座りしていた。あと15分。時間つぶしが目的とはいえ、汗でベタベタ、半袖のシャツに長ズボンといった様子であったから…

レヴィストロース流の考え方を一瞬で解説する(野生の思考)

どうもこんにちは、僕です。 今回はネタがないので、レヴィストロースについて解説します。ニコニコのブロマガでも書きましたが、長すぎて誰も読んでられない!との声が多数ある気がしたので、もっと簡単に説明します。これが顔。 この人は民俗学者です。民…

神保町ブックカフェ

どうも僕です。 そういえば、僕は神保町ブックカフェに行ってきたことを思い出しました。昔、岩波ブックセンターという、岩波書店系の本が大量に売られている本屋があったのですが、それが2016年11月に閉店し、今回のブックカフェができたとのことです。 確…

池袋にやってくる

一年ぶりくらいの東京。アキバから池袋へ行くため、山手線に乗る。なんだかいつもより、緑色が鮮やかに見えた。中に入ると、それは勘違いではないことに気づく。座席が新しい。背もたれがS字カーブになっていて、腰が疲れない。しかも、背中の丸みに合わせる…

TIBORがマイナスになってしまった

どうもこんばんは。 今日は銀行員っぽいことを書きます。 TIBORがマイナスになりました。 TIBORとは何か?銀行が一時的な資金不足に陥ったときに、他の銀行からお金を借ります。その利息がTIBORです。円だのユーロだのありますが、当然日本円の話をします。 …

フーコー流の考え方を一瞬で説明する。

読書感想文の感想に多大な影響を与えているフーコーさん。今回は読者が感想の理解に苦しまないように、こういうこと考えてるんですよ!というアピールをしておきたい。 画像を使えと言われたので下に貼っておく。こいつがフーコーだ。日本の寺で修業したこと…

僕の社会人生活

今日アマゾンプライムで「RELIFE」の完結編を見た。 社会人生活でトラウマを抱え、ニートになった主人公が、若返りの薬を飲んで一年間限定で高校生活、青春を送るという話である。 本編を見たのは学生時代だったから、あぁはいはい、という感じでさらりと見…

素晴らしき食レポ 第二回

今週は本を読み切れずに読書感想文を書けないので、食レポやりまーすwwwwww これからは毎日じゃなくて毎週更新していくつもりなのでよろしくね!!!!!!!!!! 一週間あればネタ一つくらいは出ますよね・・・出ませんでした!w なので食レポしま…

読書感想文 島崎藤村「破戒」

どうも、僕です。 今回は島崎藤村の「破戒」について書きます。これで新潮社発行部数トップ10を攻略しました。いろんな話がありますが、こんなに社会派なのは初めて読みます。感情を扱う小説か、物事を分析する学術書しか読んだことないので、中間の小説っ…

読書感想文 武者小路実篤「友情」

どうも、僕です。 今回は武者小路実篤の「友情」について書きます。ちなみにこの作品も新潮社ランキングトップ10です。「破戒」はどうしたの?と聞きたい方もいると思いますが、ちょっと待ってください!!!!!!正直エタだのヒニンだの(一発変換できな…

読書感想文 フランソワーズ・サガン「悲しみよ こんにちは」

どうも、僕です。 今回はフランソワーズ・サガンの「悲しみよ こんにちは」について書きます。 新潮社累計売上高ランキングなるものがあって、そのトップ10に入っていたので、とりあえず読む。島崎藤村の「破戒」も読んでいるところだが、あまりに薄暗すぎて…

読書感想文 カズオ・イシグロ「忘れられた巨人」

どうもこんばんは、僕です。 今回はカズオ・イシグロの「忘れられた巨人」について書きます。この人の小説は既に三冊目!! 芥川賞ってハズレだらけだけど、ノーベル文学賞ってのは本当にハズレがない。村上春樹を読んで、現代小説はダメだと思ってたけど、…

読書感想文 新渡戸稲造「武士道」(感想)

もはやタイトルがおかしなことになっている。読書感想文(感想)とはこれ如何に?要約しきれず長くなってしまったので、要約二つと感想一つの三部構成となっちゃったね^^ ということで感想。 日本人の国民性を考える上で、この本は非常に深い洞察に満ち溢…

読書感想文 新渡戸稲造「武士道」後編(要約)

どうも僕です。後編です。昨日は武士道を為す要素について述べました。 「誠」は言い損ねたことがありましてね、日本人にとっての誠実さっていうのは「僕は誠実です!」って大袈裟に騒いだりすることなく、ひたむきに内に隠して精進するっていう意味での誠実…

読書感想文 新渡戸稲造「武士道」 前編

どうも、僕です。 今回は新渡戸稲造の「武士道」について書きます。 この本は1900年に書かれたもので、世界に向けて日本人とは何か?というものを説明する目的で書かれたものです。 当然初版は英語、その後日本語に翻訳されました。何せ世界に向けて書いたも…

読書感想文「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

どうも僕です。 今回は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の感想文書きます。 SFでは最高傑作ともいわれるこの作品、ブレードランナーとかいう映画の原作らしい。 核戦争で核の灰が降りそそぐ地球が舞台。もはやほとんどの人類が核を避けて火星に移住し…

堅あげポテト食レポ

どうもーうひょキンでーすwwwwww 今日は堅あげポテトわさびあじを食べまーすwwww やる気がないので写真張りませ~~~~~んwwwwww うーん、むしゃむしゃ・・・。ばりぼり・・・・。まずい! とてもまずい!!!!!!!!!!!!!!!w…

読書感想文 G・ガルシア・マルケス「百年の孤独」

どうもお久しぶりです。僕です。 同じような内容を繰り返すだけだったので書いていませんでした。皆さんも、少し飽きてきていたのではないでしょうか? 今回は僕のブログの本領、読書感想文でございます。はてなブログで初めて読んでいただいた読者の方々も…

量子コンピューターなんてのがあるらしい

最近、僕は量子コンピューターを理解しているところである。 普通のコンピューターでは0と1の組み合わせでデータを作るので2の桁数分乗の試行回数が必要だ。 しかしどうやら、量子コンピューターは違うらしい。量子は観測する前は確率的に0でも1でも両方の状…